お問い合わせはお気軽にどうぞ。
TEL 075-702-4731
営業時間 9:00~19:00

2016年06月 の記事一覧

いつも仲良しのマロンくんとトトくん♥

いつも仲良しのマロンくんとトトくん♥今日は二人とも全身カットでスッキリイケメンになりましたー!お揃いの鈴チョーカーも決まってます!! おやつを待ってるときの美味しい顔も撮れましたよ☆ 飼い主さんのお迎えを待ってる間も二人で賢くしてくれていました(*^^*) また来月ねー✨
2016.06.29 15:14

京都ローカルフリーペーパーゴバーンの無麻酔歯石除去クーポン

今日はフリーペーパーを見られて歯石除去に来て頂きましたよ 最初はお試しで無料1本でしたが、綺麗になった歯を見られて、 是非このまま全部とってもらえますかと。   チワワのすずりちゃんもスッキリしたかな?
2016.06.29 12:29

シャンプー、炭酸温浴、マイクロバブル中のワンコ集。

シャンプー、炭酸温浴、マイクロバブル中のワンコ集。
2016.06.29 12:25

Be-Natural (ビィ•ナチュラル)アレルカット

Be-Natural (ビィ•ナチュラル)アレルカット (中粒、小粒) 900g ¥1750 1.6kg ¥2900 3kg ¥4800 5kg ¥7400 9kg ¥11,000    Be-Natural (ビィ•ナチュラル)アレルカットの安全性について  ドッグフードはいろいろな種類のものが販売されていますが、安全基準がないため、愛犬の害になりかねない原材料を使用している商品も数多く見受けられます。中にはあたかも「自然」をアピールしているフードでも実際はそうでないこともあります。ビィ・ナチュラルは、本当の愛犬の健康を第一に考え、本当の安全性を実現しています。   オーストラリア産原材料 野生カンガルー肉を使用しています。 カンガルー肉は安全かつ高タンパク低脂肪のヘルシーな肉としてオーストラリア国内の食品スーパーで販売され、またヨーロッパにも輸出されています。アレルカットでは、人間向け食品加工会社からカンガルー肉を仕入れしています。ビィ・ナチュラル アレルカットで使用しているカンガルー肉は100%野生のものです。抗生物質、成長ホルモンといった物質も一切投与されていない究極の安全素材です。  オーストラリアの農作物は世界有数の安全性です。BSE、口蹄疫とも発生していません。ビィ・ナチュラルは安心なオーストラリア産原材料を使用しています。 またビィ・ナチュラルでは遺伝子組み換え食品は一切使用していません。   安全な酸化防止策 ビィ・ナチュラル アレルカットは人工添加物を一切使用せず、すべての素材が自然由来です。 ドッグフードは脂肪を使用しています。脂肪は酸化しやすく、酸化脂肪は発ガン性の危険があり、また、胃腸に障害をもたらします。そのため、ドッグフードは酸化を防止する(酸化防止剤を使用する)必要があります。ところが、多くのフードではエトキシキン、BHA、BHTをはじめとする危険な合成酸化防止剤を使用しています。これらは安価ですが、発ガン性、アレルギー等の危険があります。 また、一般に自然食と位置づけられるフードにも上記の防止剤ほどの危険性はないものの合成保存料を使用していることもあります。ビィ・ナチュラル アレルカットでは有害な合成酸化防止剤を使用せず、酸化を防ぐため以下の方法を実施しています。  1)脂肪量を減らす 脂肪は必要な栄養素ですが、多くのフードでは嗜好性をあげるため必要量を大きく上回る量の脂肪を使用しています。ビィ・ナチュラル アレルカットでは脂肪を栄養を満たす程度に抑えています(脂肪に頼らない味付けをしています)。ちなみに脂肪量は9%です。  2)天然の酸化防止剤で保存 ビィ・ナチュラル アレルカットは天然のミックストコフェロール(ビタミンE源)を酸化防止剤として使用しています。これらはビタミンの持つ抗酸化作用を利用したもので無害です。 また、原材料の「カンガルーミート・グレービー」の酸化防止には天然ローズマリーエキスを使用しています。」       ヒューマングレードの原材料  ビィ・ナチュラル アレルカットは低品質な原材料は使用していません。 フードに使われる原材料には、人間の食品としては使用できない低品質なものがごく普通に使われています。これらは消化が悪く、危険性もあります。 代表的なものは以下のとおりです。 家畜副産物(肉以外の本来捨てられる部位:皮膚、羽根、頭部など)、病気に感染した家畜、死亡した家畜、穀物の使用後のかす(脱脂大豆など)、使用済みの廃油be-NatuRalアレルカットではこれらの低品質原材料を一切使用せず、人間の食品と同基準で原材料を厳選しています。   ビィ・ナチュラルHP  http://www.be-natural.jp/index.html
2016.06.13 10:55